経理代行の長所と短所

自営業者や企業にとって経理業務は避けて通れない作業です。自営業者にしましても確定申告をする際には帳簿の作成が義務づけられています。かつては白色申告はなんの記帳義務もありませんでしたが、現在はそうではありません。段々と税金を納めることに対して社会が厳しくなってきています。

そのような時代ですから経理業務はきちんと毎日整理をしておくことは大切です。自営業者などは「確定申告の時期になるとあわてて帳簿付けをする」などという話を聞きますが、このような対応をしていますと必ずやどこかに間違いを起こすものです。

あとから税務署より間違いを指摘されますと修正すれば済みますが本来の税金よりも多く支払う羽目になってしまいます。


ですから日々コツコツと経理業務はこなすことが必要ですが、実際問題として経理作業に時間がかかるのはもったいない気持ちになるのももっともなところです。


営業は売上げを作ることにつながりますが、経理は裏方作業ですから経理が売上げや利益を出すことはありません。

それが「もったいない」気持ちにさせる要因です。
そうしたときに考えるのは経理業務をほかの人に依頼することです。


経理といいますと、やはり税理士さんが頭に浮かびます。しかし、税理士さんに依頼する場合はかなり勇気が要ります。

なぜなら、それなりの費用がかかるからです。
軽く30万円~40万円はかかるはずです。

先ほども書きましたように、経理業務は利益を生みません。

そのような作業に30万円も費やすのはもったいないことです。

そこで近年利用されるようになっているのが経理代行というサービスです。経理代行とは文字通り「経理を代行する」サービスです。

具体的には領収証をきちんと整理して保存する状態にし、そして記帳することです。

記帳するのですから毎月の試算表も作成します。
このように説明しますと税理士さんと同じような業務のように思いますが、正確には違います。あくまで経理業務を記帳代行するだけでだからです。

実は、税理士さんと顧問契約をするということは税理士さんが毎月の経理業務を証明していることでもあります。


一見、経理代行と変わらないように思いますが、税理士の資格の有無で大きな違いがあります。それほど税理士さんという資格は重いものなのです。
これまでの説明でおわかりのように経理代行は税理士さんの証明がない分、格安の料金で請負ってもらえます。

少し調べるだけで毎月の費用が千円前後の業者が山のようにでてくるはずです。

これほど安い費用ですから、開業したばかりの自営業者や企業は利用価値があるともいえます。

領収書など書類を郵送するだけで記帳が済むからです。

このように費用が安いことがメリットですが、もちろんデメリットもあります。

それは税理士のような社会的信用の高い人ではな一般の業者に自らの経理情報を見せることです。


これだけ格安なのですから実際に記帳をしているは間違いなくパートさんなどごく普通の人です。

そのような人に経理情報を見せることのリスクは決して低くはありません。

また、郵送してから試算表を手にするまで時間を要することです。

そして税理士さんとの間では絶対に必要であるコミュニケーションが代行業者とは築けないことです。


このようなことを総合的に考慮するなら、経理代行業者を利用するのは開業したばかりの時期に限定するのが理想といえそうです。

http://tsutaya.tsite.jp/item/book/PTA0000HBF4Z
https://4meee.com/users/profile/596902
http://allabout.co.jp/gm/gc/375800/

奈良の税理士に関するマニアックな情報をお届けします。

岸和田の税理士情報ならこちらのサイトです。

奈良で会社設立の情報探しはそれほど難しくありません。

税理士は滋賀でのマニアックな情報をお届けします。

神戸にある税理士の口コミや評判を紹介しています。



Copyright (C) 2016 経理代行の長所と短所 All Rights Reserved.